からすみの食べ方と美味しく食べるための知識

からすみの産地について

憧れの高級食材である「からすみ」。

色々な食べ方を堪能できる食材ですが、まだ一度も食したことがないという人もいることでしょう。

そんなからすみの産地についてご紹介しましょう。

長崎県

からすみは、ヨーロッパや中東などを産地として流通していました。

それが、日本に入ってくるわけですが、最初に入ってきたのが長崎なのです。

そのため、「長崎名物」と謳ったからすみの取扱いがされていることもあります。

長崎では、主に長崎半島の野母埼地方で捕れたボラの卵が原料として使われています。

ボラ自体はそれほど高価な魚ではありませんが、製造過程で手間がかかるため、非常に高価な食材となっています。

香川県

香川県が産地となっているからすみは、ボラではなく、サワラが原料となっているものが主流です。

サワラのからすみは、ボラのそれよりも味が濃厚だという人もいます。

長崎が産地のからすみよりも、比較的安価で取引されているようです。

台湾

台湾旅行をすると、必ず買って帰るのが「からすみ」という人も多いようです。

台湾が産地のからすみは、日本産に比べて値段に雲泥の差があります。

日本国内では、値段が高く、とてもじゃないけれど買うことが出来ないというからすみが、台湾では、数分の一の値段で売られています。

これは、台湾における、からすみの捕獲量の多さと、人件費の安さが鍵となっているようです。

しかしながら、中には観光客向けに偽物のからすみを売っている店もあるようですので、旅行の際には注意が必要です。



スポンサード リンク